最先端の医療設備、高い医療技術、質の高い看護

ホーム > 放射線科

早期発見、早期治療のための高度な技術と最新の設備

高度な医療を行う上で欠かすことのできないMRIやCT装置。当院では、世界最高クラスの医療機器を導入し、診療レベルの向上に力を注いでいます。

コンピュータ断層撮影装置(CT)

オランダフィリップス社製「 Brilliance iCT」を導入しています。本装置は1秒間に最大95枚の画像を描出することが可能です。心臓や心臓血管を明瞭に描き出すことができるようになり、また三次元画像で360度の角度から自由に患部が観察できるなど、数々の画期的効果を生み出しています。

■256マルチスライスCT「Brilliance iCT」(フィリップス社製)

1. 80mmボリューム検出器と最速0.27秒回転による超高速撮像
・全身の超高速撮像により、患者さんの息止め負担を大幅に低減します。 胸部では3秒程度、腹部~骨盤腔でも5秒程度の息止め時間で撮影が可能です。

2. 独自技術による心臓撮影性能
・従来のCTでは検査が困難な症例である不整脈、高心拍症例でも、しっかりと動きを止めた画像を撮影することが可能です。
・心拍内の特定のタイミングだけⅩ線を照射し撮影することで、従来の方法に比べ 低被ばくによる撮影が可能になりました。

3.低被ばくのCT撮影(iDose)
・逐次近似法を応用した画像再構成により、全身各領域で従来と比較して最大80%の被ばく低減が可能です。
【当院で期待できる被ばく低減効果(最大80%時)】
冠動脈:約6mSv→約1.2mSv  胸部:約7mSv→約1.4mSv  腹部:約17mSv→約3.4mSv
*診断・治療に必要な画質を確保したうえで、患者さんの負担が少ない検査になるよう被ばく低減に努めています。

磁気共鳴断層撮影装置(MRI)

世界最高稼動実績を誇るGE(米国General Electric)社製の1.5T(テスラ)MRIを導入。撮影時間も短く、画像も鮮明となり、心臓の形態観察や機能解析がより容易に行えるようになりました。造影剤を使わずに総胆管、膵管、脳血管像を描出ことも可能です。
患者さんには、検査にかかる時間の短縮、耳に入るノイズの減少、そして何より高品質の診断結果が得られる画期的なシステムとなっています。