最先端の医療設備、高い医療技術、質の高い看護

ホーム > 糖尿病内科

  • 医師 福島 徹也

1型糖尿病と2型糖尿病

なんらかの原因で、すい臓からインスリンが出なくなるのが「1型糖尿病」です。発症には生活習慣は関係ありません。小児期や若い時に発症することが多い疾患ですが、成人以降もなりうる疾患です。

「2型糖尿病」が、一般的に皆さんが考えている糖尿病になります。原因は遺伝や加齢などでインスリンの出方が悪くなってくることと、生活習慣により、インスリンが効きにくい体になることで発症します。ちなみに、生活習慣はふつうの日本人の生活をしていれば、昔と比べると楽な生活になっているので良くはありません。誰しもなり得る疾患です。



糖尿病の治療

1型糖尿病はインスリンでの治療になります。インスリンを自分で調節することが重要になります。以前はインスリンの量を固定し、食事をしっかり摂る、という指導でしたが、現在は食事量や活動量に合わせて、自分でインスリンの量を調節していく治療になります。

2型糖尿病はそれぞれの病態に合わせた治療が必要になります。個々人のインスリンの出方や効き方に応じた治療です。ただ、最も重要なことは、インスリンの効きが良い体になっておくことです。  患者さん各々の生活を考慮し、できるだけ生活の中でできることを一緒に考え、治療法を検討していきたいと思います。

また、極端な高血糖状態が続いている方は、一度インスリン注射で血糖を下げてあげます。そうすると、すい臓が休まりますので、インスリン注射を中止し内服で治療することができるようになります。2型糖尿病でインスリンにより血糖を下げた患者さんの9割は内服治療になっています。

糖尿病教室

糖尿病生活を楽しく過ごせるように、2015年春からリニューアルしました。
実生活で役立つような資料を作り、教科書的ではないものにしました。
日常生活での食事の工夫、分かりやすい薬の話、検査の話、日常での運動やストレッチ、手洗いや歯磨きの仕方など日ごろ気を付けることまで学べます。 水曜日スタート~翌週水曜日終了で、月に2クール実施しています。どなたでも参加できます。