最先端の医療設備、高い医療技術、質の高い看護

ホーム > 消化器内科

  • 医師 堤 卓也

  • 医師 増田 淳一

豊かな経験誠意ある対応で、より質の高い医療技術を提供

腹痛、胸焼け、吐血、黒色便、便秘、下痢、腹満感などの症状を対象に診断と治療を行います。食道、胃、十二指腸、小腸、大腸などの消化管や、肝臓、胆道、膵臓を主とした消化器疾患に対して、経験豊かな専門医がきめ細かい診察を行います。

当科の特色

胃癌、大腸癌などの消化管癌、炎症性腸疾患などの胃腸疾患、C型肝炎やB型肝炎などの慢性肝炎、肝硬変、肝癌、膵癌などの肝胆膵疾患をはじめ、広く消化器疾患を診療しています。
中でも肝疾患は数少ない肝臓学会専門医が所属しており、長崎県が指定する「肝炎専門医療機関」でもあるため助成金制度を使用した最新の治療が可能です。
当科の診療は経験豊富な日本内視鏡学会専門医、日本消化器病学会専門医、日本肝臓学会専門医、日本内科学会認定医の資格を持つ医師が担当します。

内視鏡治療

質の高い医療技術を基盤とし、患者さんの考えを尊重する全人的な治療を心掛けています。

①内視鏡検査
胃内視鏡は苦痛の少ない特殊光観察機能を備えた最新式NBI内視鏡等を使用しており、早期胃癌、早期食道癌などの診断が可能です。また大腸内視鏡では、正確な診断に加え、苦痛を少なくする薬剤を使用し、患者さんの負担をより軽減できるよう心掛けています。

②腹部エコー
最新のエコーを使用し、絶食で来院していただければ当日検査も可能です。また微小な癌も見落とさないため造影剤(病変を鮮明にする薬剤)を使用した造影エコーも積極的に行っています。

③腹部CT
当院のCTはフィリップス(オランダ)社製 256スライスヘリカルCTを使用し、低被爆かつ正確な診断が可能です。

④MRI
世界最高稼働実績を誇るGE(米国 General Electric)社製の次世代MRIを使用しています。最新の造影検査であるEOB・プリモビスト造影MRIを行っており、肝癌、肝腫瘍などの精密検査が可能です。

【内視鏡を使用した治療例】
①早期胃癌に対する内視鏡的粘膜下切開剥離術(ESD)
②胃食道静脈瘤に対する内視鏡的食道静脈瘤結紮術(EVL)、内視鏡的硬化療法(EIS)
③総胆管結石に対する内視鏡的乳頭括約筋切開術(EST)、内視鏡的乳頭バルーン拡張術(EPBD)
④閉塞性黄疸に対する内視鏡的胆道ドレナージ術(ERBD)
⑤膵癌、胆道癌に対する胆管ステント留置術
⑥内視鏡的胃瘻造設術(PEG)
⑦経皮経食道的胃管挿入術(PTEG)
⑧内視鏡的大腸ポリープ切除術

肝臓癌に対しては開腹せずに病変部分を焼いてしまう「ラジオ波焼灼療法」、血管造影を応用した「肝動脈脈塞栓療法」などを行っています。また 閉塞性黄疸に対する経皮経肝的胆道ドレナージ術(PTCD)、その他 胆道癌や膵臓癌に対して手術が困難な場合は、抗がん剤を使用した治療なども行っています。