最先端の医療設備、高い医療技術、質の高い看護

ホーム > 循環器内科

  • 医師 岩本 啓二

  • 医師 迫 稔

  • 医師 矢加部 和明

  • 医師 岡 秀樹

高度な技術思いやりの心で急性期の心臓疾患に迅速対応

狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患は、死に直結する重大な疾患であり、その治療には迅速性と高い技術力を必要とします。
当院は、こうした循環器疾患に対し 経験豊かな専門医がチームを組み、患者さんに より負担の少ない検査・治療を実践しています。

心臓カテーテル

心臓CTや諸検査などで異常を認めた場合には、心臓カテーテル検査および治療が必要となります。
直径1~2mm程度の細いカテーテルを冠動脈まで挿入して行う冠動脈造影検査や、細くなった血管広げるインターベンション治療(PCI)を行います。

心臓MRI

心臓専用のコイルと1.5テスラMRIを用いると、造影剤を使用することなく心臓が動いている状態を描出することができます。当院では心臓MRIを用いて、心臓の形態や機能の詳細な解析を行っています。

心疾患に対する適切な検査

心臓エコー(超音波)装置、トレッドミル装置、心血管系検査(運動負荷心電図)装置、24時間心電図装置等を備え、様々な心疾患に対して適切な検査を行うことが可能です。

心臓CT

最新型256列MDCTの導入により、患者さんの体内にカテーテル(チューブ)を挿入することなく、冠動脈狭窄の有無や心機能を調べることが可能です。
また、全国でもトップクラスの低被爆と造影剤減量を実現しています。

患者さんの心と体に負担の少ない治療を

当院の心臓カテーテル検査および治療は、治療時・治療後の患者さんの心と体の負担をより少なくするため、可能な限り手首から行っています。
また、当科では下肢血管センターにおける血管内治療(EVT)も担当しており、患者さんに負担の少ない治療を目指しています。