最先端の医療設備、高い医療技術、質の高い看護

ホーム > 血管外科

  • 医師 山口 敬史

  • 医師 西 活央

全国トップクラスの末梢動脈疾患の手術

末梢動脈疾患(PAD)、腹部大動脈瘤、下肢静脈瘤などに対する血管外科的診療および手術を行っています。特に末梢動脈疾患(PAD)に対する手術には定評があり、手術症例数は全国でもトップクラスを誇っています。

重症虚血肢に対する治療

末梢動脈疾患の重症な場合、耐え難い痛みが持続したり、あしが壊死をおこしたりして、下肢切断の危険にさらされます。
そうした患者さんのあしを救うべく “決してあきらめない” をモットーに、専門的な救肢治療にあたっています。

下肢救済チームによる救肢治療

救肢治療にあたっては 血管外科のみならず、あらゆる診療科と共に治療にあたっています。
また “きれいなあし” を残すべく、形成外科との綿密な連携のもと、手術・治療をすすめています。
そして、退院後は患者さんによりよい生活を取り戻していただけるよう、パラメディカルのスタッフも一丸となったチーム医療を行っています。

腹部大動脈瘤

腹部にドクドクと拍動する大動脈のコブができることがあります。一般に直径が5cmを超えると破裂の危険性がでてきます。
破裂すると生命に直結しますので、破裂する前に人工血管に置き換える手術を行うのが良いとされています。

下肢静脈瘤

下肢静脈瘤は、程度がひどくなり自覚症状がでてくると、手術をしたほうが良いとされています。以前と比べて、傷も小さくて済むようになりました。

深部静脈血栓症

深部静脈血栓症は、大腿静脈や膝窩静脈など体の深部にある静脈に血栓ができる病気です。典型的な症状は、ふくらはぎや太ももの腫れ、皮膚の色の変化 などで、痛みを伴います。
これは、別名「エコノミークラス症候群」あるいは「ロングフライト血栓症」と呼ばれ、肺血栓塞栓症の原因となり得ます。
優れた内服の抗凝固剤が使えるようになり、重症でなければ入院不要となりつつあります。